足立区の歯医者 前田歯科医院の院長コラム

第19回「一生の財産」

先日、竹ノ塚の13歳の女性の方が矯正治療を終了されました。5年前ある方の紹介で前歯が気になるとお母様と一緒に来院されたのです。

お話を伺うと他の歯医者さんで「矯正治療は歯が全部、永久歯に変わらなければ始められません」と言われたそうです。当時8歳ということもあり乳歯がたくさん残っていました。確かに永久歯になってから治療を開始する方法もありますが、この方の場合はほぼ100%健康な歯を4本抜歯しなければなりません。しかし、この時点から始めれば抜歯しなくても綺麗な歯並びにできる可能性が高かったのです。相談の結果、時間はかかっても抜歯せずにすむ方法を選択されました。

治療終了後1ヶ月経った頃、お母様が来院されこんな話をされました。「治療するのにお金と時間はかかりましたが、子供が人前で大きな口を開けて笑っているのを診ると矯正治療して本当に良かった。これは娘にとって一生の財産です」私たちにとってとても嬉しい瞬間でした。あなたもかかりつけの歯医者さんに相談なさってみては・・・。

このページのトップへ

<< 院長コラムのトップへ