足立区の歯医者 前田歯科医院の院長コラム

第70回「こんなにいる!」

先日、島根町にお住まいの40歳代の女性の方が最近、歯磨きすると歯ぐきから出血すると来院されました。精密検査をしたところ「重度歯周病」と診断されました。

後日、現状や治療計画などを説明し同意をいただき治療を開始しました。

歯周病治療の最重要項目の一つに、正しいブラッシング(歯磨き)フォームを身に付けることが挙げられます。ブラッシングの最大の目的は歯垢を取り除くこと。歯の表面に付いている白いネバネバしたものが歯垢です。

実際にその方の歯の表面の歯垢を顕微鏡で見ていただきました。

「わ〜、気持ち悪い。こんなに動いている。食べかすだと思っていたのはバイ菌だったのですね。」

そうなんです。歯垢の中には700種類以上の細菌がいます。

また、互いに助け合いバリアーで守られているために、この集団を薬剤などで取り除くことはできません。だからこそ自分自身で行う正しいブラッシングが重要なのです。

あなたもかかりつけの歯医者さんや歯科衛生士さんに相談してみては・・・。

このページのトップへ

<< 院長コラムのトップへ