足立区の歯医者 前田歯科医院の院長コラム

第75回 これだけで治った!

先日、島根町にお住まいの8歳の女の子がMFT(口腔筋機能訓練)を終了しました。

歯は、決まった顎骨の上に生えてきているように思われがちですが、生える位置は歯の周りの筋肉などに大きく影響を受けます。

歯の外側には頬や唇の筋肉、内側には舌の筋肉があります。これらの筋肉にはさまれ、力関係により生えて並んで来ます。

また、指しゃぶりや頬杖、異常な飲み込み癖なども不正咬合の原因になります。

この女の子の場合も、これらの筋肉のバランスが崩れ、開口(前歯が咬めない)状態でした。そこでMFTをお勧めし、始めて半年。筋肉のバランスを正しく整えることで矯正用装置など全く使用せずに、この不正咬合を治すことができました。

「費用もそれほどかからず、だらしなくポカンと開いた口元が、矯正できて本当に良かった。親としても、本当に嬉しいです。」

このように場合によっては装置など使用することなく治療することも可能です。あなたもかかりつけの歯医者さんに相談してみては・・・。

このページのトップへ

<< 院長コラムのトップへ