足立区の歯医者 前田歯科医院の院長コラム

第89回 「虫歯治療」(前編)

竹ノ塚の38歳の女性の方が、もうこれ以上、虫歯治療はしたくないと来院されました。

小さい時からずっと虫歯に悩まされ、歯医者通いが続ていたそうです。数ヶ月かかってやっと治療が終了したかと思うと、またすぐに虫歯になってしまいます。

しかし、なぜそのようにすぐに虫歯になってしまうのか、一度も虫歯の原因、リスクの検査はしてもらえませんでした。

言われることと言えば決まって、「歯磨きが大事ですよ。甘いもの、砂糖はあまり食べないようにして下さい。」歯磨きは人一倍気にして、毎食後すぐに行っているし、甘いもの、間食もここ数年食べていないそうです。

虫歯治療とは、悪い所を削って詰めることだけではありません。個人の虫歯の原因やリスクを「唾液検査」により調べ、その結果に基づいた予防プログラムを立案し、実践を支援することも治療の一貫です。

今回の結果は、虫歯原因菌が非常に多いことなどが分かりました。そこで提案した予防プログラムとは・・・。(後編へ

このページのトップへ

<< 院長コラムのトップへ