足立区の歯医者 前田歯科医院の院長コラム

第108回 「虫歯は、感染症2」

先日、竹ノ塚の妊娠5カ月の方が来院されました。

「虫歯が感染症で、母子感染が一番多い事を知りました。おなかの子は虫歯ゼロで育てたいんです。どうすればいいでしょうか?」とのことです。

精密検査と唾液検査を行いました。結果はMS菌(虫歯原因菌)数が最も多い「レベル3」。非常に感染しやすい状態です。

さっそく予防プログラムを実行してもらいました。

内容のメインは、100%キシリトールガムを一日5回噛んでもらうというものです。3ヶ月確実に続けるとMS菌は、感染しにくい善玉菌に変化してきます。

この方の場合、プログラム開始から3カ月目の再検査でMS菌が「レベル1.5」に減少しました。

2歳でMS菌に感染した子供は、4歳の時に虫歯が5本、そうでない子供は0.3本しか虫歯にならないというデータがあります。

その差は17倍。

お子様の最初の虫歯予防それは、お母さんのMS菌を善玉菌に変えることです。

あなたも、かかりつけの歯医者さんにまずは相談なさってみてはいかがですか・・・。

このページのトップへ

<< 院長コラムのトップへ