足立区の歯医者 前田歯科医院の基本方針

私たちは、「地域住民の口腔の健康を守り育てる」ことを診療方針として掲げています。

「むし歯は、一度かかると自然に治る病気ではないので、早期発見・早期治療が何よりも重要だ。」と言われた時代がありました。100年程前には正しい考え方でした。しかし、海外で研究が進むにつれて、実際はむし歯になったお口の中の条件が改善されれば、初期の虫歯は元の健康な歯にもどる(治る)ことが分かってきました。

海外ではむし歯の穴が出来る前に、むし歯のリスクや原因(カリエスリスク)を改善して、むし歯の発症をコントロールすることも「虫歯治療」と呼んでいます。

どんなに上手な歯科医師でも、歯をいったん削ってしまうと、二度と元の歯には戻せません。治療した歯は、人工臓器や義足などとよく似ています。一生もつのはごく稀で、どんな処置でも平均10年とは持たないのです。

生涯、歯を守るためには、ご自分のリスクに基づいた、家庭で行うセルフケアと診療室で行うプロフェッショナルケア両方が欠かせません

健康保険外ではありますが、プロフェッショナルケアだけを受けに来られる方がとても多い診療所のひとつです。

歯科医療の質は、歯科医師の技術によって大きな差が出ます。しかし、技術的に優れた名医があなたにとって、本当によい歯医者さんかどうかは別問題です。むし歯や歯周病は、かかり始めであれば治ります。いったん悪くなっても、それ以上悪くしない診断とコントロールができれば、あなたは健康な歯を生涯残すことができます。

そうです、大切なのは、歯の病気が発症しないようにできるかどうかです。そのためには、歯科医師の的確な診断とスタッフの能力(特に歯科衛生士)、そして診療所の診療システムによって決まるのです。

私たちは、あなたが、「生涯、自分の歯を守り、人生を楽しく過ごしていただく」ために、今「何が必要なのか」「何をすべきか」を常に考え、行動することが方針につながのだと信じています。

このページのトップへ