足立区の歯医者 前田歯科医院のカリエスリスク(唾液)検査

足立区 前田歯科医院 カリエスリスク(だ液)検査1

カリエスリスク(だ液)検査では、だ液の検査及びむし歯の原因となる要素を総合的に検証することにより、あなたの虫歯の原因やリスク(危険性)がわかります。
この検査結果に基づいて、あなただけの予防プログラムを作製します。

検査内容

足立区 前田歯科医院 カリエスリスク(だ液)検査2

1.お口の中の菌の数を調べます
菌の数が多いと虫歯の危険度が高くなります。

2.唾液の分泌量を調べます
唾液がからだの健康のためにはたしている役割は数多くあります。
その中でも重要なのは歯や歯肉を守る働きです。唾液分泌量が多ければ多いほど有利になります。

3.唾液の緩衝能を調べます
プラーク(歯垢)中の虫歯菌が作り出した「酸」を中和する唾液の働きを緩衝能といいます。唾液の緩衝能は個人差が非常に大きいのでリスク診断のためには必ず調べる必要があります。妊婦・病気のために薬を飲み続けている人・よく咬むことができない人などは、緩衝能が低下していることが多いので注意が必要です。

4.食事について調べます
私たちが食事をして栄養を取っているように、虫歯菌もそのときに同じものを栄養源にしています。食べ物を口にした時間と回数(食事・おやつ・飲み物など)を記入して調べます。

5.プラーク(歯垢)の量を調べます
プラークの中には、たくさんの虫歯菌がいます。特に、かみ合わせや歯の溝、歯と歯の間、歯肉の境目にあるプラークはとても危険です。

6.虫歯や治療してある歯を調べます
一度治療した歯は、再治療を繰り返していくうちに、歯を失う危険性が大きくなります。つまり、天然歯が少ないと、虫歯菌が好む口の中になり、リスクが高くなります。

原因やリスクが違えば予防法も違います

虫歯の原因の組み合わせは人それぞれです。毎日歯磨きをしていても虫歯になる人とならない人がいるのはそのためです。

リスクに応じたプログラムを実践していただくことによって、治療せずに済む虫歯もでてきます。そのためにも、みなさんに唾液の検査をお勧めします。

●検査料金:未就学児 1,620円/小学生以上 1回目4,320円、2回目以降3,240円(税込)

※唾液検査を受ける前に・・・唾液検査は歯みがきをしてしまうと正しい結果が出ない事があるので、歯みがきをしないで来て下さい。

カリエスリスク(唾液)検査を受けたクライアント(患者さん)の声

子供も私も、検査をしてみて、虫歯の原因など良くわかり、良かったと思います。私はやはり、間食が多いのでなるべく口の中に何も入れない時間を多くしたり、もちろん、ブラッシング、ジェルも頑張りたいと思います。(子供に負けずに・・・・・)

検査を受け、虫歯の原因がわかって良かったと思います。虫歯菌が少ないけど、だらだら食べや、歯磨きの仕方で虫歯になりやすいという事がわかったので、子供も歯みがきに対する意識が変わってきた様に思います。

検査を受けてから、今までよりも間食に気をつけるようになりました。あまり間食はしない方ですが、歯が酸でとけるのか・・・と思うと、自制が効いて自然に食事の時にしっかりと食べる習慣となり、良かったと思っています。
歯は食事と関係があるので、今更ながら大切にしないといけないなと、検査後の説明をうけて、改めて思いました。

今回検査して、あらためてだ液の重要性や役目がわかりました。飲食後の歯の元にもどる力とかがだ液や歯磨きやキシリトールなどですいぶんとちがうという事がよくわかりました。
検査後は特に飲食後のケアに気をつかうようになりました。

朝、昼、晩とはみがきは人一倍やっているのに、なぜ虫歯だらけなんだろう?とずっと思っていました。(逆に夫はろくすっぽみがいていないのになぜ虫歯がないのだろう、と)。
検査を受けて、虫歯になる菌が多いことがわかった時には、多少ショック(!)ではありましたが、虫歯の原因が自分の歯磨きのしかたのせいだけではないことがわかり、良かったと思います。
これからは、歯磨きだけではなく、予防に努めたいと思います。

検査を受け、結果が出たときに、虫歯の予防が歯磨きだけではなく、食習慣などにもよる事が判りました。三食以外は、なるべくお口の中を『空(カラ)』にしておくのが良い事も、教えて頂き、今は、間食をひかえる様にしています。

今まで自分が虫歯になりやすいという事は分かっていたのですが、しっかり歯をみがいているのに・・・と疑問でした。けれどカリエスリスク検査を受け「どの虫歯菌がどれだけあって、歯が悪くなりやすいなど」原因が分かったので、具体的に自分がどういった予防をすれば虫歯になりにくいのか理解することが出来ました。今では定期的にPMTCを受けて、虫歯にもなりにくくなっていて嬉しいです。

長女、次女、二人共、カリエスリスク検査を受けさせてもらいました。同じ生活をしているのに、結果が全く違っていました。
長女の方は、虫歯になりやすい菌が多く、次女の方は、比較的少なく・・・
口の中の状態が兄弟でも違うのには驚きました。
歯磨きで清潔にする一方、食べ物にも注意しなければならないこともわかりました。
スポーツドリンクも最近ひかえるようになりました。

だ液の役目や口の中の状態というものが、虫歯に直接影響するのだとわかりました。フッ素は子供の頃、歯科で塗布してもらったことがありましたが、今の歯磨きペースト状のものは、おいしく使いやすいので、小さい頃から習慣にしていけば、子供の虫歯も減っていくと思います。普及していくといいなと思います。

このページのトップへ