D.Landきっずについて

D.Landきっず 理念「私たちの仕事は、歯を治療することではありません。子供たちのすてきな笑顔を創造することです。」

D.Landきっず 設立趣旨

D.Land前田歯科医院 院長 前田 亨
D.Land前田歯科医院 院長 前田 亨です。輝かしい未来を担う子供たちの口腔内から、カリエス(虫歯)を100%なくす為に、更なるレベルアップを図ります。

こんにち、消費者は「客観的かつ正確な情報」「安心かつ快適な製品・サービス」を求めています。

歯科医療もその例外ではなく、患者は、歯科医師の行う治療内容や、診断内容、治療方法の選択について、十分に説明された上で納得し、自分自身でその歯科医療サービスを選択したいと考えています。

しかし、現実には、医院の患者数に対する歯科医師、歯科医療従事者などスタッフの人数不足、資質の欠如などから、患者が十分な検査や説明を受けることなく、歯科医師が選択した治療を受けている場合が多いのが実情です。

トリートメント・コーディネーター(TC)

この問題を解決するために、私たちは、歯科医療の現場にトリートメント・コーディネーター(TC)という職制を導入した歯科医療システムを確立してきました。

同時に、D.Land型MTMを診療体系の主軸とする予防管理型歯科医院としても運営されてきました。精密検査を行い、必要があれば処置を行う。その後、長期にわたり定期的かつ継続的な定期管理を主体に歯科医療を推進してきました。

予防管理型歯科

成人においては、15年以上定期管理継続者について、55歳以上で喪失歯数が0.7本という結果が出ました。厚労省の歯科疾患実態調査では、55歳以上の平均喪失歯数8.1本を大きく下回っています

また、6歳未満から定期的に来院し、定期管理を受けている12歳児のカリエスフリー率は100%です。この数字も、厚生労働省、平成17年度歯科疾患実態調査では、12歳児のカリエスフリー率、48.8%を大きく上回る数字です

子供の虫歯をゼロに!

これらの実績からも、D.Landが患者の口腔内の健康を守り育てることに貢献している事は明白です。

今回、私たちは、これらの実績に甘んずることなく、更なるレベルアップを図ります。

絶対に無理!と言われた、「カリエスフリー100%保障」。この課題にあえて取り組んできました。輝かしい未来を担う子供たちの口腔内から、カリエス(虫歯)を100%なくすことです。

国内外の多くの文献や研究データを分析、検証した結果、3歳までにD.Landメソッドを実践すれば、その実現は可能であると結論付けました。

いままでにあったような技術に重点をおく小児歯科専門の医療ではなく、正しい知識をわかりやすく患者(子供)、保護者に伝え、患者が自分自身で健康を守り育てられるようにサポートしていく全く新しい分野の小児歯科医療です。

この取り組みが成功すれば、地域の子供たちの口腔内環境が改善されるばかりか、D.Landメソッドは、全国へ広がり、日本の子供たちの口腔内環境改善に大きく貢献することでしょう。

これが今回、私たちが「D.Landきっず」を設立する趣旨なのです。

このページのトップへ