D.Landきっず クライアントの声

予防だったら絶対『D.Land』即答でした。

♣ 岡野礼於君、大河君のご家族は、お父さんの孝紀さん、お母さんの亜矢さんの4人家族です。ご家族全員、ずっと笑顔で過ごしたいと D.Land へ通っています。


ご家族全員、ずっと笑顔で過ごしたいと D.Land
通っています。

そこで、今回は岡野さんにD.Land についてのホンネを聞いてみました。

予防だったら絶対にD.Land !」即答でした。

D.Land を知ったきっかけは何ですか?

お友達に何気なく「子供たちのむし歯が心配」と言った瞬間、D.Land を宣伝されました。(笑)

☆お友達はD.Land のことを、どのようにおっしゃいましたか?

予防だったら絶対にD.Land !」即答でした。

「あそこに行けばむし歯にならないから、とにかく早く行ったがいいわよ。歯が生えていない赤ちゃんだって、たくさん通っているし。何しろ予防が本当に得意だから。」そう言われたんです。

♣ 日本の12 歳児のカリエスフリー率は、54.1%、それに比べて予防先進国であるスウェーデンでは86.0% です。さらにD.Land に通っている12 歳児のカリエスフリー率は、93.7% です。予防先進国をしのぐ数字になりました。

☆では、D.Land に通われて、良かったと思うことをひとつだけ教えてください?

ひとつだけ・・・。

むし歯や歯並びだけじゃなく、健康にかかわる知識情報を、わかりやすく教えてくれるところですね。

データやグラフなど使って理解できるまで時間をかけて、説明していただけるので、とても安心です。

歯医者さんでこんなにいろいろ教えてもらったのは初めてでした。

私たちの知識がどんどん増えていくのが本当に嬉しいです。

♣ そのような喜びの言葉を聞くことほど、私たちに仕事への情熱を与えてくれるものはありません。ありがとうございます。ということは、キーワードは情報ですね。

本当にびっくりしたのが、むし歯は感染症だということでした。

D.Land で得た情報の中で一番良かったと思う情報、それは何でしたか?」

本当にびっくりしたのが「むし歯は感染症」だということでした。うつる病気だなんてD.Land に来るまで知りませんでした。

♣ お子様をむし歯から守るためには、むし歯菌に感染させないことが重要です。しかし、大半の子どもは、乳歯が顔をのぞかせる生後8カ月ごろから生えそろう31 カ月ぐらいまでに、むし歯菌に感染し、それが定着するといわれています。

いずれ感染するとしても、時期が遅ければどうなるでしょう?

2歳のときすでにむし歯菌に感染していた子どもは、4歳で平均5本のむし歯がありましたが、2歳まで感染していなかった子どもは4歳で0.3 本しかむし歯はありませんでした。その差は17 倍です。

感染は遅いほどむし歯になりにくく、なっても軽症ですむことが分かっています。乳歯が生えそろうまでむし歯菌に感染させないことは、育児にあたる家族の協力と定期管理で実現できます。

☆岡野さんのむし歯菌数のレベルは覚えていらっしゃいますか?

レベル2というハイリスクでした。正直、がっかりしました。

しかし、予防プログラムでむし歯菌を善玉菌に変えることができることを教えてもらい安心しました。子供たちにむし歯菌が感染しないように、唾液検査の結果に基づいて作ってもらった予防プログラムを忠実に実践しています。

☆その後いかがですか。予防プログラムは続いていますか?

「はい、簡単なので習慣になりました。

三日坊主の事が多いのですが、私の場合、予防プログラムが100%キシリトールガムを1日4回噛むことと、寝る前の歯磨き後にホームジェルを塗ることだけです。今では、習慣になってしまいました。

子供たちにむし歯菌を感染させないだけでなく、自分自身のむし歯予防にもなりこれはスゴイと思っています。

子供たちには、是非、カリエスフリー(むし歯ゼロ)を実現してあげたいと考えています。」

3歳までに「D.Land メソッド」を実践してください

☆大河君や礼於君が行っているD.Land メソッドは正直言ってどうですか。難しいですか?

いいえ、特に難しい事はありません。毎月、D.Land に子供を連れ来さえすれば、専任の歯科衛生士さんがチェックしてくれますし、家で気を付けなければならない事を教えていただけるので簡単です。子供にあれもダメこれもダメ、となれば難しいかもしれませんけど。親のむし歯菌を善玉菌に変える方法なので難しいことではありませんね。

☆今後もD.Land メソッドは続けられそうですか?

はい、続けます。子供には一生、きれいな歯でいてもらいたいですし、ずっと笑顔でいてほしいと思っていますから。

♣ ありがとうございます。健康な歯の価値を理解していただいて本当に嬉しく思います。D.Land は、岡野さんのように、私たちと同じ価値観の人たちだけが集まってくれる空間にしたいと思っています。


予防プログラムがすっかり週間となっている礼於君と大河君。

☆最後になりましたが、何か不安なことや心配なことはありませんか?

ひとつだけあります。もし転勤なんかで引っ越さなければならなくなったときにD.Land が遠くなることです。

♣ そうですね。私たちも、『D.Land メソッド』リスク管理を導入する歯科医院が全国に一軒でも増えることを心か願っています。今後はそのような活動も行っていきたいと思っています。岡野さん、本当にありがとうございました。

これからも一緒に大切な歯を守っていきましょうね。今後ともよろしくお願いいたします。

♣ 「小児専門予防歯科」日本では、まだ耳慣れない言葉です。私たちD.Land きっずの専任チームは、日本の未来を担う子供たちの口の中からむし歯をなくすことを課題として取り組んできました。そして、国内外の多くの文献や研究データを分析、検証した結果、3歳までに「D.Land メソッド」を実践すれば、子供たちをカリエスフリーにできると結論付けました。

まだ歯も生えていないような赤ちゃんが、
むし歯予防のためにたくさん通っているんだよ。

☆時数賢司さんのご家族は、奥様のいづみさん、そして、お子様の大祐くんの三人です。いづみさんのお腹の中には、もう間もなく産まれてくる赤ちゃんもいらっしゃいます。みなさん、健康な笑顔で過ごせるように「D.Land」をご利用いただいております。そんな、時数さんに「D.Land」ついて詳しく聞いてみました。


「情報を共有して安心して通える歯医者さんに出会えた」
と、時数さん。

☆「D.Land」を知ったきっかけは何ですか?

「会社の同僚に歯の悩みを相談したら、「D.Land」を勧めてくれました。」

☆同僚の方は「D.Land」を具体的にどのように勧めてくれましたか?

「同僚からは、

『今までの歯医者さんのイメージとは全く違うんだよ。先生もスタッフも皆さんが、本気で患者さんの歯を守ろうという想いがヒシヒシと伝わってくる、そんな歯医者さんかな。

ただ、それだけじゃないんだよね。楽しいというか、元気というか、不思議と笑顔になれる歯医者さんでね。一番びっくりするのが、まだ歯も生えていないような赤ちゃんが、むし歯予防のためにたくさん通っているんだよ。

それでね、「D.Land メソッド」という方法で、子供の「カリエスフリー」を実現して、本当に予防が得意な歯医者さんなんだよね。・・・なので、歯が痛いとか、困ったことが起きたとか、その時だけでいいなら「D.Land」はやめた方がいいかもね。でも、自分の歯を一生、大事にしたいと思うなら、絶対におススメ。』

と、熱く語ってくれました。」

☆そんなにほめていただき、本当に嬉しいです。ありがとうございます。「D.Land メソッド」は、国内外の多くの文献や研究データを分析、検証した結果、開発された予防プログラムです。3歳までに「D.Land メソッド」を実施すればカリエスフリーを実現できると結論づけました。その証として保証制度は導入しました。

☆では、「D.Land」に通われて本当に良かったと思うことを1つだけ教えてください。

「えっ、最初から難しい質問ですね。1つだけですか?」

☆はい1つだけです。

「・・・。1つというと難しいですね。
それならば、「D.Land」に出会えたことです。これならば1つですよね!
むし歯や歯周病のこと、その他に健康にかかわる知識や情報を、適切な時期と言うか、聞きたいタイミングで教えていただいています。

しかも、データを示しながら時間をかけて、理解できるまで説明していただけるので、安心して通うことができます。
情報を共有して安心して通える歯医者さんに出会えたことが、一番良かったことではないでしょうか。」

☆そう言って頂くと嬉しいです。ありがとうございます。と言うことは、キーワードは情報ですね。では『いい情報をもらった』と思った最初の情報とは、どのようなものでしたか?

「はい、「D.Land」では初診からいろいろと違いました。

初診の時にガイドラインに従って、むし歯や歯周病の精密検査をしていただきますよね。そして後日、その検査データをもとに診断や治療計画を事細かく説明していただきました。

私は、「D.Land」に来るまでに何軒もの歯医者さんに掛かりました。しかし、ここまで詳しく検査をして、説明してもらったことはありませんでした。おかげで、自分の口の中がどのような状況なのか、どこにむし歯があるのか、歯周病はどれくらい進んでいるのか、今後どのような治療や予防が必要なのか、理解することができました。自覚症状がなかったので、むし歯や歯周病がここまで進行しているとは全く思ってもいませんでした。

本当にびっくりしたのが『むし歯は感染症』だということです。

初期治療が2カ月かかってようやく終わり、希望だったむし歯治療にやっと入りました。まだ治療途中ですが、妻のように一日も早く定期管理になるように、自分自身がやらなければならないことをしっかり守っていくつもりです。」

☆そうですね。治療を行うにあたって最も重要なこと。それは、ガイドラインを順守することです。したがって、初期治療が終わらない限りむし歯治療や歯周病治療は行いません。そのために、患者さんが希望されている治療を開始するまでに2.3ヵ月かかったりもします。ほかの歯医者さんよりも治療回数が格段に多かったりするのも事実です。もちろん治療費もその分かかります。しかし、今後、二度とむし歯や歯周病にならない口の中の環境を作ること、つまり初期治療を行うことは将来の健康のためには必須だと私たちは信じています。

本当にびっくりしたのが『むし歯は感染症』だということです。


「大祐にはD.Land メソッドで、必ずカリエスフリーを
実現してあげたいと考えています」と話すいづみさん。

☆「D.Land」で得た情報の中で一番良かったと思う情報、それは何でしたか?

「はい。本当にびっくりしたのが『むし歯は感染症』だということでした。移る病気だなんて「D.Land」に来るまで全く知りませんでした。」

☆そうですよね。生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌であるミュータンス菌はいません。また、感染したとしてもミュータンス菌の棲みかである歯がなければ定着できません。歯が生えてきて、保育者が離乳食をあげるときの味見やフーフーして冷ます時などに、唾液を介してミュータンス菌は赤ちゃんに感染し定着します。

そして、これが早期、2歳以下で感染した場合や感染したミュータンス菌の量が多い場合には、発症するむし歯も重症化するという研究結果があります。

「そうなんです。その研究データを見せていただき愕然としました。なぜかというと、私のミュータンス菌の量はリスク2というハイリスクだったからです。この状態だと、子どもをむし歯にさせないために、自分はもう子育てに係れないのかとがっかりしました。しかし、予防プログラムでミュータンス菌を除菌、減らすことができることを知りほっとしました。

あれ以来、歯に対する意識は全く変わりました。お恥ずかしい話しですが、半年に一度歯石を取ってもらうことが予防歯科だと思っていました。

しかし、本当の予防歯科は、唾液検査をして自分のリスクに合った予防プログラムを実践する事だと教えて頂きました。そして、そうでなければ予防をする効果が、それほど期待できないことを知りました。今考えれば、なるほどと思い当たる節があります。妻と同じものを食べて、歯磨きも同じようにしているはずなのに、妻には一本もむし歯がないんです。

私はやっとむし歯治療が終わって安心するのもつかの間、またすぐにむし歯になっていました。結局のところ、ずっとむし歯治療で歯医者さん通いをしていたんです。

しかし、「D.Land」でその原因が、私の口の中に棲みついているミュータンス菌の量だと教えていただき、ミュータンス菌を減らすことがむし歯予防だと分かった時は、まさに「目からうろ」こという感じでした。自分のむし歯の話なのに、変な表現かもしれませんが、なんだか感動しました。」

☆その後いかがですか。予防プログラムは続いていますか?

「はい、簡単なので続いています。三日坊主の事が多いのですが、私の場合、予防プログラムが100%キシリトールガムを一日5回噛むことと、寝る前の歯磨き後にホームジェルを塗ることだけですので、今では、日常の習慣になってしまいました。このミュータンス菌を減らすことが自分自身のむし歯予防だけではなく、大祐をむし歯から守るためにも必要であることを知り、まさに一石二鳥だと喜んでいるところです。

大祐には「D.Land メソッド」で、必ずカリエスフリーを実現してあげたいと妻とも話しています。」

「D.Land メソッド」は本当に手ごろな価格と、
シンプルなシステムなのでありがたいです。

☆大祐君が行っている「D.Land メソッド」は正直言ってどうですか。難しいですか?

「いいえ、特に難しい事はありません。毎月、「D.Land」に子供を連れ来さえすれば、専門の歯科衛生士さんが上手くやってくれますし、家で気を付けなければならない事を教えていただけるので助かります。子供にあれもダメこれもダメ、となれば難しいかもしれませんけど。子供をむし歯にさせないための予防プログラムは、まずは両親のミュータンス菌を除菌、減らすことなので非常に楽です。また、子供のためにやっていることが結局は自分のむし歯予防になるわけですから、本当にこれはすごいメソッドだと思います。」


取材後、今日、とっても嬉しいニュースが飛び込んで
きました。時数さんのご家族が一人増えたのです。
生まれて5時間後の光祐くんといづみさんです。
光祐くんも、大祐くん同様に、将来いつまでも真っ白な歯と
爽やかな笑顔で過ごせるように「D.Land きっず」が
全力でサポートしていきます。

☆今後も「D.Land メソッド」は続けられそうですか?

「はい、続けます。子供には一生、きれいな歯でいてもらいたいですし、爽やかな笑顔でいてほしいと思っています。また、ありがたいことに費用も年間の合計で五千円程度ですよね。この価格でむし歯を予防できるのなら、私は安いと思います。変な話しになりますが、私の健康な歯を一本、百万円で売って下さいと言われても私は絶対に売れません。

健康な歯や身体は、お金には変えられない価値があるからです。その点でも「D.Land メソッド」は本当に手ごろな価格と、シンプルなシステムなのでありがたいです。」

☆ありがとうございます。

健康な歯の価値を理解していただいて本当に嬉しく思います。「D.Land」、そして「D.Land きっず」は、時数さんのように、私たちと同じ価値観の人が集まる空間にしたいと思っています。大祐君は、「D.Land きっず」が必ずカリエスフリーを実現いたします。一緒に大祐君の健康を守っていきましょうね。今後ともよろしくお願いします。

「D.Land メソッド」が、お子様のカリエスフリーを実現いたします。

「D.Land メソッド」=「きっずプログラム」+「きっずママプログラム」お子様とお母さんが一緒に行う予防プログラムです。だから、信じられないくらい多くのカリエスフリーを生み出してきました。

「D.Land メソッド」の科学的根拠のほんの一部分ですが紹介いたします。

以下は、むし歯研究で世界的に有名な岡山大学歯学部仲井雪絵助教の研究論文の一部抜粋です。

  • 母親のSM(ミュータンス)菌がリスク2以上だと、子供への感染のリスクは非常に高くなる。
  • 2歳前に感染するとむし歯発症の可能性が非常に高く、症状は重症化する。
  • 母親が100%キシリトールガム(1 日5 グラム以上)を噛んでいた集団はSM 菌の感染を8.8 カ月も遅らせることができる。
  • 母親が100%キシリトールガムを噛むと、悪玉SM 菌を子供の口腔内に感染しても構わない善玉菌に変えることができる。
  • 「感染経路を断つ、ショ糖を断つ」ではなく、悪玉SM 菌を善玉SM菌に変えて子供に感染させる方がむし歯予防には効果的である。

カリエスフリーとは、むし歯や治療した歯が1 本もない、全て健康な歯の状態を言うのじゃ。

このページのトップへ

 きっずトップに戻る