足立区の歯医者 前田歯科医院のPMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)

PMTCは非常に優れたむし歯予防法の1つです。

1871年にアクセルソン博士により提唱された、むし歯や歯周病から歯を守る、優れた予防法です。毎日の歯みがきやフロスはとても大切です。しかし、自分では意外にみがき残しに気が付かないものです。このみがき残しが蓄積し、むし歯や歯周病の原因となるのです。

そこで、専門機関でトレーニングを受けた歯科衛生士が定期的に専用機械と器具を使い、1本1本の歯をクリーニングします。

PMTCはこのような方にオススメします!

1.むし歯になりたくない方
むし歯原因菌の原因である、バイオフィルムを破壊し、再付着しにくくします。また、フッ素入りジェルを使うことで、再石灰化を促進し、歯を強化します。

2.歯周病(歯槽膿漏)になりたくない方
歯周病は治療が終了しても、再発しやすい病気です。定期的にバイオフィルムを破壊し、取り除くことが大切です。

3.いつまでも白い歯でいたい方
バイオフィルムや着色を取り除きます。そして、いつまでもさわやかなあなたを演出してくれます。

4.インプラント治療をした方
インプラント治療をした方も、定期的に受けていただくことをお勧めします。

5.歯みがきが困難な矯正装置やブリッジを入れている方
ご自分で磨けていない所まで、しっかりとバイオフィルムを取り除きます。

PMTCの手順

1.歯のチェック

足立区 前田歯科医院 PMTC1

歯のチェック
専門のトレーニングを受けた専門の歯科衛生士がお口の中をチェックします。

足立区 前田歯科医院 PMTC2

バイオフィルムの有無をチェック
歯のどこにバイオフィルムがたまっているかを確認。今後のブラッシングとフロッシングの参考になります。


2.クリーニング

足立区 前田歯科医院 PMTC4

研磨剤を入れる
歯と歯の間、付け根の部分を中心に、フッ素配合の研磨剤を入れていきます。これを器具で磨いていくことによって、バイオフィルムを取り除くことができます。また、より効果を発揮します。

足立区 前田歯科医院 PMTC5

エバチップを使用し、歯と歯の間の歯垢を破壊します。


足立区 前田歯科医院 PMTC6

ブラシで汚れを取る
続いて、PMTC専門のブラシで歯の表面と裏側の汚れを1本ずつ除いていきます。毎日自分でブラッシングしていても、バイオフィルムは完全には除去できません。

足立区 前田歯科医院 PMTC7

カップで歯の表面とハグキの間を研磨
表面、裏側をさらに磨きます。やわらかいシリコンラバーのカップは力を加えると歯と歯ぐきの間のポケットに入り込み研磨します。これにより、歯ぐきの中のバイオフィルムを取り除きます。

足立区 前田歯科医院 PMTC8


3.フッ素塗布

足立区 前田歯科医院 PMTC9

フッ素を塗る
クリーニングが終わったら、最後にもう一度、フッ素を塗ります。抗菌し、歯を強くし、むし歯や歯周病から歯を守るためには欠かせないプロセスです。

当院で実際にPMTCを受けられたクライアント(患者さん)の声

36歳 女性
とーても気持ちよかったです。染め出しではあまりにも赤くてビックリ!!家でよく磨いていたのですが磨いたつもりだったんですね・・・1本、1本歯が生き返ったようです。途中で歯から臭いがしたような気がしてちょっと鼻をヒクヒクさせてしまいました。これで人とおしゃべりがはずむかな・・・又、やってもらいたいです。本当に気持ちよかったです。歯のエステのようでした。

27歳 女性
終了後は歯のツヤが全然違い、これからも定期的にやっていきたいと思います。

63歳 女性
予防治療(PMTC)は初めてしていただきましたがとても気持ちよくなり、眠くなってきました。やはり予防はもっともっと早くやらなければと思いました。説明も良くわかりましたよ。

40歳 男性
治療の後も定期健診などで歯のケアなどをしてくれるのでよい。スタッフなどの方がみなやさしくて丁寧なのでたいへん来やすい。

40歳 女性
歯ブラシでは落としきれない汚れなど染め出しで見せていただき丁寧に掃除していただけました。歯もツルツルしたようで大変気持ちがいいです。

32歳 女性
ホームページにのっていたのを見た時からとても興味がありました。ピンクのテストをした後の掃除(ゴムでしょうか?)が、とても気持ち良かったです(特に歯茎)。フッ素は少し味が甘くて塗ってすぐは気持ちよくなかったですが、しばらくすると全く気にならなくなりました。

44歳 男性
前回、説明を受けて、今日は初めて予防治療(PMTC)を受けたのですが、効果は実際にはこれからの様子を見なければわかりませんが、歯科治療に限らず、予防治療という事は大切なことだと思っております。何事もなってからでは遅すぎます。ならない為の予防という事に我々はもっと目を向けても良いのではないでしょうか。効果のあることに確信を持てる結果になれば良いなと思っております。

このページのトップへ